2010年11月19日

広告屋の生き残る道

11/15、漫画家 赤松健氏が新しいマンガ配信モデルを発表した。
広告入り漫画ファイル図書館『Jコミ』。11/26公開らしい。
いわゆるマンガ1冊分まるごとZIPファイルである。

これだけなら従来からある RAW MANGA なのだが、彼の提案する配信サイトはここが違う。

1)圧縮配信されるマンガは(基本)絶版著作物である
2)圧縮配信されるマンガコンテンツには広告が同梱されている

違法スキャンでの流布を事実上止められない状況に加え、絶版された漫画から著作者への収益還元が不能であることから、このモデルの構築に至ったという。

ここには著作者と広告主とエンドユーザの新しい関係性の萌芽が含まれている。

・著作物を享受するエンドユーザは金品の支払いを行わなず、その利用代金は広告主が肩代わりする
・著作者は著作物とエンドユーザのの接触機会数に連動して、広告主より報酬を受け取る

これが本件のマネタイズ・モデルなのだが、このパターンと類似するものに「企業奨学金」がある。
「学業を積みたいと願う学生に対し、企業が足長おじさんよろしく、援助を行う」というやつだ。
今回の『Jコミ』にあてはめれば、「マンガを読みたいと願うエンドユーザに対し、企業がその入手手段を援助する」ということになる。また、逆に「マンガを読んでほしい(収入機会を確保したい)著作者に対し、企業がその配布手段を援助する」とも言える。
では、これらの場合に企業が得られるベネフィットはどこにあるのだろうか?

確かに「マンガファン」というセグメントに対するターゲティング広告チャネルという見方もあろう。だがそれだけなら、わざわざこんな辺境の、しかも絶版マンガに対しスポンサードするよりももっと効果的な広告手段がいくらでもある。圧縮保存で陳列するという手段も、商品やサービスの広告として必須であるはずの即時性を満たすとは到底思えない。では、いったいどこに?
狭義の「広告」という側面で考える間は、この答えは見えてこない。この仕組みを理解し享受するための切り口は「CS(Customer Satisfaction)=顧客満足」だろう。
この件における「顧客」は、可能性顧客すべてを指す。そして期待されるベネフィットは「被リスペクト」となる。
これはブランディングの一種にも見えるが、もっと本質的かつ絶対評価的得点といえよう。
平たく言えば、「エンドユーザにとってのマンガの閲覧費用を肩代わりしてくれる太っ腹な足長おじさんを、著作者にとっての収益を作品評価に応じ支払ってくれる有難いパトロンを、それぞれがきちんとリスペクトする」ことで成り立つモデルと言えよう。これを企業の社会貢献と云わずなんと言う!

同様のモデルは今後いろいろな場面で、形を変えてあらわれてくるだろう。そこでは、従来の「広告」という押しつけがましい中間手段はスポイルされ、新しい企業・サービスPRの基準としての「被リスペクト」値が重視され、メディアコミュニケーションを動かしていく潤滑剤になるにちがいない。タラ・ハント女史が『ツイッターノミクス』で連発していた「ウッフィー」なる概念と、まさに同じものだと言えよう。
そしてこの関係性の確立こそが、昨今その必要性を模索し迷走している広告業界にとっての新たな立ち位置のヒントとなるんじゃないのだろうか。
【関連する記事】
posted by bathyscaphe at 15:41| Comment(10) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ノーベル賞をとるために、してはいけない5か条

第一に、今までの行きがかりにとらわれてはいけません。しがらみを解かない限り、思い切った創造性などは望めません。
第二に、教えはいくら受けても結構ですが、大先生にのめりこんではいけません。のめり込むと、権威の呪縛から逃れられなくなる。自由奔放な若さを失い、自分の創造力も萎縮します。
第三に、無用なガラクタ情報に惑わされてはいけません。われわれの能力には限りがありますから、吟味された必須の情報だけ処理します。
第四に、創造性を発揮して自分の主張を貫くためには、戦うことを避けてはいけません。
第五に、子どものようなあくなき好奇心と、初々しい感性を失ってはいけません。


江崎玲於奈 「時代の証言者」 朝日新聞 2010年10月21日付
posted by bathyscaphe at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

牛蔵に行ってきた。

毎月29日が国民の国民による国民のための「肉の日」なのは周知である。
なので僕も、昨夜は焼肉を食してきた。家族には内緒だが。

宇宙エレベーター繋がりからかなりディープな呑み仲間と昇格して久しい@mutoriku氏が案内してくれた店は、その道では実に有名な、練馬は富士見台駅前の焼肉問屋 牛蔵( http://bit.ly/cpmZ8J )だった。
予約時間は21:30〜。横浜在住の身としては完全に二の足を踏む設定だが、店の盛況ぶりをみるとこの時間も止む無しという気もする。実際、翌月の予約を注文する@mutoriku氏の横から予約表を覗くと、1ヶ月後の月末も軒並み埋まっていて、29日は16:00〜18:00しか空いていない状態だった。
前の宴の後片づけのあいだ丸椅子に腰掛け、リアルでは初対面の@EG_6氏、S氏らと入り口横に掛けられた黒板を眺めていた。

IMG_0381.jpg
本日の黒毛和牛は 常陸牛
個体識別番号:1238668086(一部1247591795)
格付:A5

つまり、歩留まり等級最高×肉質等級最高の、兵庫県産但馬牛を開祖とする茨城産常盤牛1238668086ちゃん(一部1247591795ちゃん)が食されるというワケだ。なんか感慨深い。
その他にも供されるほぼすべての食材の出自が、県単位(一部国単位)で掲示してある。このディスクロージャだけでも意気込みがわかるというものだ。

待つこと15分。時間もあったし@mutoriku氏以外は初顔だったので、じっくりと店内周辺を観察する。しあわせそうな顔に湯気を上げた肉を運ぶ箸。とにかく美味しいんだから、と携帯に力説する別のお客さんの声が耳をかすめる。
忙しそうな店員さんたち。無駄な動きをしている感じは、無い。時折こちらにも目線をあわせてくれる。「あなたたちが待ってることを知ってます」のサイン。これ重要。
特筆すべきは、4人見かけた女子店員のすべてが充分以上に可愛いということ。中でものちにテーブル担当にもなってくれたショートカットの安達さん(名札より)は、僕的にピカイチ。いや、いい店だ。まだなんも食ってないけど(笑)

IMG_0383.jpg
21:45スタート。
2時間1本勝負(しかも僕を含む神奈川組2名は途中退席が必至)なためか、乾杯もそこそこに、とにかく肉。当初予定の8人の計算で@mutoriku氏が事前予約していてくれたさまざまな部位の牛肉(しかもすべて「上」!)を、僕ら6名はわしわしと食べ進んだ。どれくらいわしわしかというと、4人が大盛白飯を注文し、早々に完食していたほどである。来られなかったお二人さんには申し訳ないが、その分僕らは堪能させてもらった。
どの肉がどれくらい美味しかったかは正直わからない。それほどの審味舌を持ちあわせていない我が身の悲しさである。だが、そのどれもが常でなく旨かったのは参加した誰もが認めるだろう。過去食した焼肉が消し炭に思えるほどだ(超大袈裟)。

一通り焼いた後は、欧州旅行帰りのF氏による日本最高論に耳を傾け、@mutoriku氏と@EG_6氏、Y女史のSF談義に口をはさむなどいっぱしのオフ会の体を成し始めたのだが、いかんせん時間が少な過ぎ。なにしろ僕の終電は23:20、@EG_6氏に至ってはさらに前である。なんとも残念無念。真剣に引越しを考えるべきかもしれない。

締めの一品に選んだ冷麺は、なんと480円。有り得ない。盛岡でも600円は取る。出てきたそれも、フルサイズとは言わないまでも締めには多すぎるくらいのボリューム。しかも充分美味い。

間に合いそうになかったので先に精算したのだが、事前に@mutoriku氏から聞かされていた話は事実だった。
最高級の和牛を腹いっぱい食べ、必要十分なアルコールを摂取し、あまつさえ主食の米と締めの麺まで腹に収めた上で、6人で2万5千円余。ひとりあたま4千円ちょいの計算である。
この価格破壊は有り得ない。
食べログでのダントツ1位は伊達じゃなかった。
もう凡百の焼肉屋には行けない、とマジで思った。遠すぎるけど(笑)



参考URL
http://bit.ly/cYfMmf
http://bit.ly/bMtVY0
http://bit.ly/d1SEaM
posted by bathyscaphe at 16:55| Comment(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。