2009年11月16日

メディアとプラットホームとターゲット(1)

iPhoneからなんで、まずは覚え書き。

・バナー
メディア以前。4マス広告における「枠」の具現化。
PCサイト向けの場合、エンタメ化の傾向。レクタングル、スカイスクレイパーなど大型化傾向も。ボタンとして機能させることで、エクスパンションなどのサプライズなどを演出。
携帯サイト向けの場合、アイキャッチ〜ストレートなサイト誘導。
ターゲット選択は掲載されるサイトに準ずる。

・リスティング
メディアは検索エンジン。
探し物の探索に訪れた無垢な羊たちを囲い込みに誘導する騙し討ち的広告。なワケだが、そこはエンジン側の良識もあり、誘導された先にもキーワードに対する有意性が無い限り罠が成立しないという縛りもある。
クリエイティブによる差別化が計れないため、キレのいい紹介コピーの出来が大きなポイント。
最近は羊の方もわかってきたらしく、よほどピンポイントでない限りはなかなか罠にかかってくれなくなったとか。
携帯向けのサービスは、これからの開拓地。

以下、この項つづく。
というか、いずれまとめるつもり。

[今のfollow/follower 211/103]
posted by bathyscaphe at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。