2010年01月25日

神速200km/h! 赤坂サカスにフリーキックの神が現れたっ!! その1

前回紹介した、カストロール社開発のフリーキックマシン「カストロール1号」の発表披露会に行ってきた!

001.jpg水に弱いという心配も杞憂に、よく晴れた赤坂サカススケートリンク特設会場は目にも鮮やかなカストロールグリーンで埋め尽くされていた。
開始直前に受付を済ませた僕は、仮設ピッチの中に入り読者レポーターに用意されたエリアに落ち着いた。仮柵の内側にはTV各局のカメラが鈴なりになってオープニングを待っている。普段とは違うこの特殊な空気が、これからお披露目される異形のフリーキッカーへの期待をいやがうえにも高めてくれる。

002.jpgほぼ定刻のMCのイントロダクションを合図に、披露会は会場横の大型ビジョンを使ってのコンセプトムービーで幕を開けた。
世界でもっとも速い、未来永劫どんなスーパープレイヤーでも実現することができないくらい速いフリーキックを繰り出すマシンを作る。しかも内燃機関による駆動で。これがどれほど意味の無いことか。ほんの少しでもリアリティを持ったひとならば、誰でも想像がつくだろう。そんなマシンは実用性ゼロだ、と。その無意味な、しかし胸躍る想像を実際のカタチまで昇華させようというプロジェクトスタッフの馬力は尊敬に値する。
003.jpgBPカストロール社チャールズ・ポッスルズ会長の流暢な日本語で語られる挨拶には、彼らのスタッフの「なにかとんでもなく面白いものをつくってやろう」という熱い想いへの共感がちりばめられていた。

今回のお披露目の目的は、「時速200km」という神の領域のスピードのフリーキックをカストロール1号が実際に蹴ってみせる。その一言に尽きるわけだ。だが物語のリアリティにはやはり、強力なライヴァルと華やかないろどりが必要というもの。そんな立ち位置にうってつけのゲストが元日本代表ストライカー前園真聖氏とフットサルチーム「ガッタス」のエースでもある藤本美貴氏がゲストとして招かていた。
004.jpgチャールズ氏を含めた彼ら三人による、テープカットならぬオイル缶の抜栓と同時に背後の壁が破られ緑色のマシンが登場してきた。
本邦初公開のカストロール1号である。

005.jpg 006.jpg

この項、つづく

[今のfollow/follower 389/323]
posted by bathyscaphe at 23:19| Comment(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

カストロール1号に逢いたいっ!

バイクに跨っていた頃ずいぶんとお世話になったカストロール社が、2010年FIFAワールドカップ公式スポンサーへの就任を受け、大いなる無駄企画を打ち出してきた。

エンジン駆動フリーキックマシン
カストロール1号開発プロジェクト

エンジンを動力源に鋼鉄の足で強力なフリーキックを放つマシンを作り上げたい!そんな馬鹿馬鹿しくも熱い夢を本気で実現すべく、等身大ボトムズで名を成した鉄アーティスト倉田光吾郎氏をパートナー、元フリューゲルス(といいたい!)の前園真聖氏をアドバイザーに迎え動き出した一大プロジェクトである。

ブログ、YouTube、Twitter、Flickerというソーシャルメディアを駆使したこのプロジェクトは今月25日の赤坂サカスでのお披露目で結実する。
読者レポーターにお応募した身としては、是非ともその日、その場所で、スーパーフリーキックマシンカストロール1号の雄姿を全身で体感したい、と切に願う次第である。

[今のfollow/follower 383/320]
posted by bathyscaphe at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あけましておめでとうございます

2010年最初の投稿です。
今年はもう少し意図を持った記事で構成していきたいと思います。
なにとぞよろしく。

[今のfollow/follower 364/299]
posted by bathyscaphe at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。